鍼灸を利用した後に気をつけたいこと

鍼灸を利用した後に気をつけたいこと

新橋の鍼灸は【金のはり治療院】へ - 施術を利用した後のポイント -

新橋の鍼灸は【金のはり治療院】をご利用ください。頭痛や腰痛、ドライアイオスグッドといった悩みで病院(西洋医学)に通ってもいるが満足できない、という方は少なくありません。西洋医学で満足できないのなら、東洋医学である鍼灸をお試しください。鍼灸を利用した後のポイントをご紹介します。

身体はできる限り安静に

鍼灸の施術を受けた直後は、できるだけ身体を安静にすることが大切です。施術後は身体へのアプローチによっていつもとは違った状態になる場合があります。

普段と同じような動作でも身体に大きな負担となることが考えられるとともに、身体の自然治癒力を十分に働かせるためにも、安静にすることが大切です。重いものを持ったり、激しい運動をすることは避けるようにしましょう。

当日はお酒を飲まない

当日はお酒を飲まない

アルコールは急激な血圧上昇につながりますので、施術後は飲酒を控えることが大切です。また、過度なアルコールの摂取は血液循環や新陳代謝を低下させてしまうことにつながります。

そのため、当日にお酒を飲むことで鍼灸による自然治癒力へのアプローチが薄れる可能性があるのです。身体の十分なケア・サポートを目指すためにも施術後一日は、お酒は飲まないことをおすすめいたします。

短めの入浴を心掛ける

短めの入浴を心掛ける

注射をした後は入浴を控えるよう言われることもあると思いますが、鍼灸の施術は注射とは違い施術後の入浴も大丈夫です。注射針よりも細い鍼を使用するため皮膚への損傷もほとんどなく、入浴中にバイ菌が入る恐れはありません。

しかし、施術後は身体の中で様々な変化が起きていることが考えられますので、少し休んでから短めの時間で入浴することを意識しましょう。

身体の冷えや胃腸への負担を避ける

施術後に身体への負担を避けるためには、身体が冷えないようにすることも大切なポイントです。室内の温度や防寒対策に注目し、水分を摂る際も常温のものや温かいものを選ぶと身体の冷えを防ぐことができます。また、胃腸への負担を避けるために、食事は腹八分目を意識することがおすすめです。

新橋で鍼灸のご相談に対応する【金のはり治療院】は、身体に関する幅広いお悩みをサポートいたします。新橋で鍼灸の専門店やランキング人気評判の施術をお探しの方にもおすすめです。新橋や周辺地域にお住まいの方は、ぜひご利用ください。

鍼灸と施術の情報

新橋で鍼灸をお探しの方は【金のはり治療院】へ

サイト名 みなもと接骨院 金のはり治療院
住所 〒 105-0003 東京都港区西新橋1-16-2山水ビル 6F
電話番号 03-6550-9065
URL https://kinnohari.jp