治療項目

治療項目一覧

西洋医学(整形外科・その他)にかかるより早く改善安上がりな鍼灸治療。
一般的な病気 但し当院では特殊な治療方法で行う。

美容鍼

金のはり治療院の「美容鍼」他院との違いは鍼一本一本に古典的テクニック(内旋、弾爪を繰り返し行う。)を駆使し一本一本に気・血を集めて鍼を締めて抜鍼した後も肌膚が締まり崩れかけた結合組織に再構築を促します。
実感として化粧のノリが全く違ってきます。
専用鍼も有ります。

頭痛
(三叉神経痛・後頭神経痛・偏頭痛・原因不明の頭痛・脳疾患から起こる頭痛以外の殆どの頭痛)

神経痛から起きる頭痛は4~5回の治療が必要な場合があるが普通の頭痛は1~2回で痛みは消失する。ただ繰り返し頭痛を起こさない(再発しない)為に更なる治療が必要な場合もあります。
*閃輝暗点の偏頭痛の場合は少し治療回数がかかる事が有ります。

首・肩コリから来る痛み

鍼治療で充分楽になるが…即効、コリからの痛みを取って楽になりたい人には刺絡(シラク)がお勧め、これはもうスッキリ楽になる。

腰痛

浅い所での神経の圧迫、ギックリ腰による筋膜剥離などは腰だけの痛みにとどまるが深い場所での神経の圧迫、靭帯の損傷は足(下肢)の方にまで痛み痺れが出る当然、治療方法も鍼も変わってくるがどちらも早くに症状は取れるが後者の方は根本的な治療をお勧めします。

神経痛

三叉神経痛、後頭神経痛は頭痛の所で・首からの上腕神経痛、背部痛、前胸部痛・胸部の肋間神経痛・腰からの坐骨神経痛(大腿後面)、大腿皮神経痛(大腿前面)は殆ど4~5回の治療で取れるが繰り返す神経痛は根本の治療をお勧めします。

西洋医学(整形・眼科・その他)より治癒確率が高く、短期間(1週間~10日)で経済的にも安上がりかつ他院ではやっていない治療。えーっこんな病気が鍼で?????

帯状疱(ヘルペスウイルスによるもの)

最近ヘルペスに対する薬がかなり向上しているが鍼で神経根まで入れる神経痛・と同じ治療で痛みは消失、また薬で治すのと違い帯状疱疹が治ってからの神経痛は殆ど残らない。
*ヘルペスの後遺症で何十年痛みが残って悩んでいる人も完全には痛みを取ることはできなくても1/3程度には軽減が出来ます。

オスグッド

成長期に特に硬い床、地面で激しい運動をした時に発症しやすい。
細い鍼(直径0.16mm)の鍼で殆ど痛みを感じない治療で4~5回で痛みは消失 奇跡の治療。

足底腱膜炎

やはり激しい運動をする人で特に土踏まずが切れ上がったハイアーチのひとに多くこの治療も4~5回で痛みは消失。
ハイアーチの人は何度も繰り返すのかと言うとそうでもなく再発は少ない。

腫骨棘

中年以降の人に多くみられ特に朝起きて歩き始めが痛く痛み止めの薬の生活が何年も続くことになるが1~2回の鍼治療で痛みは消失。これもまた奇跡の治療。

中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症が正式)

眼球の奥の網膜に水が溜まり丸く黒っぽく見えたり、ものが歪んだり小さく見える。 大きい病院の眼科で薬を出されても中々改善されず「レーザー手術をしてみますか・・ただその場合は失明することもあります。」と言われてみんな「それはいいです。」と応えるようです。鍼で1~2で改善することが多いが良くなっても治療の継続をお勧め致します。(繰り返すことが多々ある症状です。)

ドライアイ

目が乾いて痛い、目薬を1瓶使う程何度も注す。
眼科では1度ドライアイになるとなかなか治らないのですようねぇーと言われ、治療法がなく目薬を呉れる丈。大きい病院の眼科では目頭のところに細かいパイプを通す手術があるらしいが、その手術をした何人かに話を聞いたが、手術後もあまり変化がない人が多いように思われる。
鍼治療では特殊な治療方法だが、間違いなく目薬が減り、痛みが取れ、最終的には目薬は不要になる。治療費は手足のツボ、目の周りのツボを使うが、局所的な治療なので5,000円。但し、リューマチ膠原病に併うドライアイは全身治療を行うので6,000円。より効果的な指先のツボ(井穴:セイケツ)から邪気瘀血(オケツ≒悪血)を取る井穴刺経(セイケツシラク)は別料金です。